加西市

公式ホームページ
http://www.city.kasai.hyogo.jp/
加西市

加西市  兵庫県地図を縦横4つに折ると、ちょうどその真ん中が加西市。自然環境豊かな市内には、約1,000ものため池が点在し、冬場は多くのコハクチョウが越冬する南限の地となっています。県立フラワーセンターをはじめ、市内は、四季折々の花がまちを彩り、人々のあたたかさ、ホスピタリティに満ちています。

観光

五百羅漢
 羅漢寺の中にある五百羅漢は、いつ、だれが、なんのために作ったのか、今もなぞにつつまれています。古くから「親が見たけりゃ北条の西の五百羅漢の堂に御座れ」とうたわれ、四百数体もの面貌の異なる石仏の中に、必ず親や子に似た顔があると言われ、素朴で表情豊かな野の仏として多くの人々に親しまれています。
五百羅漢

法華山一乗寺
 法華山一乗寺は白雉元年(650年)法道仙人開基の天台宗の名刹で西国二十六番目の札所です。御詠歌にも「春は花 夏は橘 秋は菊 いつも妙なる法の華山」とあります。
国宝三重塔をはじめ、重文指定の仏像、絵画、建築など、県下第一の文化財を有し、春の桜、秋の紅葉の季節は特に多くの人々でにぎわいます。
法華山一乗寺

産業

 家電製品製造業、金属製品製造業、地場産業の播州織を主体とする第2次産業が中心で、製造業の持つ生産技術やものづくりのノウハウの蓄積は県下随一です。また、毎年行われる工業統計の加西市のデータが県下の工業の状況を分析する指標となるくらいに、産業分類も多様で小規模な事業所から大きな企業まで揃っているのが特徴です。
 農業は米、紫黒米、ぶどう、大根、とまと、ばれいしょ、甘とうがらし、など多彩で高品質。中でも加西ぶどう「ゴールデンベリーA」は、「ひょうご安心ブランド」に認定され、京阪神にも出荷されています。加西ワイン「根日女(ねひめ)の舞」、加西米「根日女のかがやき」などの特産品も人気が高いです。


Copyright (C) 2000- by 東播磨流域文化協議会 All Right Reserved.