高砂市

公式ホームページ
http://www.city.takasago.hyogo.jp/
高砂市

高砂市  結婚式やめでたいときに謡われる、「たかさごやこの浦舟に帆を上げて・・」ではじまる謡曲「高砂」と平和と長寿の象徴である「尉と姥」のいわれの発祥の地である高砂市は、めぐまれた自然のなかで古くから栄えた歴史と伝統をもつまちです。祭りも盛んで、秋には市内各地で秋祭りが行われます。

観光

石の宝殿
 生石神社の裏手に、切妻風の突起を後ろにして家を横たえたような巨大な石造物があります。「石の宝殿」と呼ばれ、水面に浮かんでいるように見えるところから「浮石」とも呼ばれていますが、多くの謎につつまれ、仙台塩釜神社の塩釜、宮崎県霧島神社の天逆鉾と並んで日本三奇の一つに数えられています。
石の宝殿

高砂市高砂町堀川地区
 江戸時代初めより港を中心として農産・海産物の中継地として栄えた地区であり、地区内には昔の町割りがそのまま残っていたり、「相生の松」で知られる高砂神社や十輪寺などの寺社や、和瓦、漆喰、木材等を用いた伝統的建造物やレトロな近代的洋館が多数点在するなど、歴史の積み重ねを感じさせます。
藍屋町

産業

 市内の臨海部には鉄鋼・電力・化学・食品等の大工場が立ち並び、播磨工業地帯の中核をなしています。食品工場の中には見学を受け入れているところもあります。
 地場産業としては、石材業が盛んです。竜山石、今は宝殿石と地元では呼ばれ、石質が柔らかく加工しやすいのが特徴です。古くは仁徳天皇陵などの石棺にも使用され、今でも建築・造園用の石材として広く利用されています。

にくてん
 「にくてん」とは高砂流のお好み焼きで、特徴は薄く延ばした生地にすじ肉やキャベツ、甘辛く味付けされたジャガイモをたっぷりとのせ、甘めのソースをぬり、半分に折って食べます。
にくてん


Copyright (C) 2000- by 東播磨流域文化協議会 All Right Reserved.